• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リフォーム詐欺 にご用心!

昨日、リフォーム詐欺の現地調査に行ってきました。
といっても、益田市内ではなく、広島でのことです。

もともと、私は、平成22年~24年2月頃までは、広島で弁護士登録をして
リフォーム詐欺弁護団に所属していました。
益田にきてからも、弁護団に所属した形にしていたのですが、
ちょうど、今回は、現地調査に参加可能でしたので、参加してきました。

今回は、床下のリフォーム
ということで、つなぎを着て、床下を潜ってきました。
狭いので、通れるのかどうか心配していたのですが、
床下に潜って、業者が言うようなリフォームの必要性があったのかどうかと
現実にその様なリフォームをしたのかどうかを見てきました。

といっても、建築士の先生と一緒でしたので、
私は、見物しただけのことでしたが。


業者は、高齢者だけの世帯を狙って、リフォームが必要と言葉巧みに
説明し、あっという間に1日、2日でリフォーム(←この辺が怪しいですよね)をして、
銀行について行って、リフォーム代金の約300万円を現金で受け取った様子です。

最近は、振込も利用せずに、現金をそのまま受領することが多いそうです。
詐欺の業者は本当に上手にやってくれます。

くれぐれもご注意を!

退職後の両親と離れて生活している方、時々電話などで、
「変わったことはない?」と聞いてみて下さい。
詐欺の防止法は、なにかあったら、家族に相談できるという状況を
作っておくことです。
また、実家に福祉の方が入られているのでしたら、
その方になにかあったら、連絡をもらえるようにしておくこと。

とにかく、異変があったときに、ご両親やその周囲の人から連絡があるように
しておくことが大事です。

って、書いてきて、我が身を振り返ると、私も、自分からはあまり連絡してない・・・。
時々連絡した方がよいかな・・・。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 益田ひまわり基金法律事務所. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。